IMG_6234.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF24-105mmF4LIS・F11 1/90秒 ISO-200

IMG_6292.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF24-105mmF4LIS・F13 1/30秒 ISO-200

IMG_6322.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF24-105mmF4LIS・F11 1/125秒 ISO-200

IMG_6427.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF24-105mmF4LIS・F11 1/45秒 ISO-200

IMG_6361.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF300mmF2.8LIS+1.4×・F16 1/45秒 ISO-200

IMG_6475.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF70-200mmF4LIS・F11 1/750秒 ISO-200

今回、丸山千枚田で感じたことは「放棄耕作地」があまりにも増えたこと。
農家の高齢化と後継者不足から全国各地の棚田はどこも「放置耕作地」が
毎年増えています。
丸山千枚田の撮影ツアーはロングセラー企画ゆえに
リピーターのお客さまもいらっしゃいます。
口を揃えて「前に来た時より減っていますね」と話していました。
昨年と今年でもだいぶ景色が違いました。
部外者の私が軽はずみなことは言えませんが棚田が減っていくのは寂しい限りです。
 
P1000843.jpg
何年続いても手堅く催行される「丸山千枚田」。
今年も中型バス満席でした。が、かげりが出て来ました(苦笑)。
毎年キャンセル待ちが多数出て、もう一日設定されるのですが
今年はそうはいきませんでした。来年はもうないかもしれませんね。
最高の天気に恵まれた丸山千枚田。夏の終わりの一日を満喫しました。
 

今日はクラブツーリズムの丸山千枚田の撮影ツアーです。
途中北山村の道の駅おくとろにて「じゃばらドリンク」。
柑橘類の一種。北山村名産で幻の果実だとか。
果汁のパーセンテージによって値段が違います。
5%100円、10%170円、30%260円。
当然ここは30%を。
………値段と味のバランス、微妙(笑)。
 
今日はEOS学園テーマ別講座「夜景撮影講座」《実習内容はこちら》
作品研究会がありました。
その中で花火の撮影方法を紅葉に撮影に応用した話をしました。
花火と紅葉。まったく関連性を感じませんね。
でも写真表現として私は関連づけました。
どんな撮影方法が何に役立つか分かりません。
常に「あ、これ使えるかも・・・」の気持ちが大切です。
トライ&エラーを恐れずいろいろ試したいですね。

まずは花火の作品から。シャッターを切っている間にカメラを
揺らしながらピントを近距離側にアウトフォーカスしています。
IMG_1079.jpg
Canon5Dmaor2・EF70-200mmF2.8LIS+2×・F5.6 0.5秒 ISO-50

「夜景撮影講座」の実習で神戸の観覧車を同じ方法で撮影したのがこちらです。
IMG_4490 (2)
CanonEOS5Dmark2・EF70-200mmF2.8LIS+1.4×・F5.6 0.5秒 ISO-50


そして、まったく同じようにして撮影した紅葉がこちらです。
_MG_9661.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF300mmF2.8LIS・F2.8 0.7秒 ISO-50


_MG_8366.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF300mmF2.8LIS・F5.6 1秒 ISO-50


_MG_9301.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF300mmF2.8LIS・F2.8 0.5秒 ISO-50


さらに花火から紅葉に応用した撮影方法は今年の春、新緑に応用されました。
IMG_5813_20100830200641.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF300mmF2.8LIS+1.4×・F8 0.5秒 ISO-50

私の「2010年お気に入り作品」のかなり上位にランクイン(笑)される作品が生まれました。
この作品が「花火」から生まれたのです。
写真表現は被写体が変わってもどこかで必ずつながっている、と私は思っています。
どんな被写体でも貪欲に撮影をしたいものです。「何か」がきっと見えてくる、と思います。
 
100929_8_1

100929_8_2

(本記事は予約投稿しています)

撮影ツアーのご案内です。
このツアー、実はすごく盛りだくさんの企画です。
だって、棚田、渓谷、滝・・・そして阿蘇まであるんですよ。
幅が広いです(笑)。どの被写体も天候に左右されないのも魅力です。
雨だろうがなんだろうが楽しめる、はずです。
でもドシャ降りは勘弁してもらいたいですよね(笑)。
-------
9月29日 大阪発 撮影ツアー
「初秋の九州3日間
 彼岸花咲く美しい棚田めぐりと
 菊池渓谷の水と緑の情景」
ただいま申し込み受付中です

詳しくはこちらのエントリをごらんください。

■こちらでご紹介している作例の一覧が見られます。
http://1109net.tumblr.com/tagged/100929
-------


 
11月東京銀座キヤノンギャラリーでの写真展
(12月札幌、2011年1月大阪梅田キヤノンギャラリー)の
作品全39点が決まりました。案内状のデザインも先日決定しました。
着々と準備が進みます。

IMG_6200-02.jpg
                                    (モノクロ)
今回の作品はすべてポジフィルムで撮影した作品です。
プリントは「プロラボクリエイト」に依頼します。
プリントの指示を細かく書き込んでいく作業は久しぶり。
気が遠くなる作業がやっと終了しました。
細かい指示にきっと「ややこしい客だな~」と思うに違いありません(笑)。
Tag : 写真展
 
IMG_6130.jpg
CanonEOS5Dmark2・EF24-105mmF4LIS・F11 1/3000秒 ISO-200

のどか村で蕎麦を平らげた後、娘のリクエストでぶどう狩りに。
ぶどう園の入口の小さな池にスイレンの葉がきれいに光ってました。
いつも通り「光っていたら大きくマイナス補正!」ですね。
 
ドコモのポイントでいただいたレジャークーポン。
信貴山のどか村を選ぶと「大人二人入園+蕎麦打ち体験」という
斎藤家にとってぴったりの内容です。

IMG_6041.jpg
雑誌の取材で「蕎麦打ち体験」の様子は何回撮影したか分からないくらいですが
実際に自分で打つのは実は初めてです。といいながら撮影側にまわってます。

IMG_6094.jpg
黒いきしめんではありません。斎藤家謹製の蕎麦です。
蕎麦打ち体験の量は約3枚半ぶんあります。
お持ち帰りも出来ますし、半分だけその場で食べることも出来ます。
蕎麦は「挽き立て、打ちたて、ゆがきたて」です。
「全部ここで食べます」というと
「多いですよ、3枚半ありますよ」。
全然余裕です。だてに出石の皿蕎麦70枚以上を平らげてません(笑)。
さすが打ちたてです。こんなきしめんみたいな蕎麦でも
口いっぱいに蕎麦の風味が広がります。
あっという間に平らげ、父娘の食いっぷりに蕎麦打ちの先生が
「もう少しゆがこうか?」
・・・待ってました!その言葉!あと3枚くらい持って来い!って感じです。


IMG_6101.jpg
そこに登場したのはさすが「匠の技」みたいな細い繊細な白い蕎麦!
蕎麦打ち体験に使用している蕎麦粉の
原価約3倍の「一番粉」を使用したものだそうです。
父娘の食いっぷりに、母も先生も呆れます(笑)。
蕎麦打ち道具一式12000円か・・・。
いよいよ自分で打つか・・・。嘘です(笑)。
ごちそうさまでした。
 
花火大会が少なくなり、撮影出来る回数が減りました。
今年も結局2回しか撮影出来ませんでした。
「いたみ花火大会」2010年最後の花火。気合を入れた一番勝負、です。

IMG_5917.jpg

IMG_5801.jpg

IMG_5866.jpg

IMG_5497.jpg

IMG_5889.jpg

IMG_5816.jpg

IMG_5958.jpg
《共通データ》
CanonEOS5Dmark2・EF70-200mmF2.8LIS+2×・F5.6 0.5秒 ISO-50

シャンパンやビールを前に、アルコールを断って撮影に臨んだ甲斐がありました。
・・・嘘か本当かはご想像にお任せします(笑)。
仮に、万が一アルコールを摂取していたとしても、結果オーライです、ということにしましょう。
伊丹の花火が終わり、丸山千枚田(8月31日)に行くと夏が終わります。


 
IMG_5978-03.jpg
一応「遅延証明書」なんてものをもらってみました。
しかしこの時代にこの紙片はないだろ!って感じの証明書ですね。
京橋から藤井寺、タクシー代6850円也。
MOETマグナムボトル飲めた分ここでツケが来るとは・・・。
タクシーを国道沿いで降り、自宅までの間、ちょびっとだけ、
夜風が心地よかったです。なんだかんだいいながら8月も終わります。
・・・明日も再び酷暑であることは分かってますが・・・。
 
写真教室・撮影ツアーのご案内
著書紹介
>>>ご注文はこちらから
-----------------------------------
2017年4月15日発売
「明日、撮りたくなる写真」
asutori.jpg
-----------------------------------
2014年9月11日発売
【カメラと一緒に持ち歩く】シリーズ3
「わっ、撮れた!秋冬編」

-----------------------------------
2014年3月5日発売
【カメラと一緒に持ち歩く】シリーズ2
「わっ、撮れた!
 春・夏編〜桜・花・水・緑〜」

-----------------------------------
2013年11月29日発売
【カメラと一緒に持ち歩く】シリーズ1
「わっ、撮れた!
 ~夜景・イルミネーション編」
watoreta.jpg
-----------------------------------
2013年9月20日発売
斎藤裕史写真集
WHITE MESSENGER SWAN
WMS.jpeg
最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
過去の記事の検索ができます。地名などを入力してください。
プロフィール

H.Saito

Author:H.Saito
大阪在住のフォトグラファー・斎藤裕史のブログです。
撮影ツアー&写真教室のご案内のほか、撮ったもの食べたもの見たものetc...日々更新しています。

webサイト
「ふっても晴れても写真日和」
(ただいまリニューアル中)

facebook
https://www.facebook.com/hiroshisaito1109

twitter
(ブログ更新情報のみです)
http://twitter.com/1109net

※当ブログ内の画像の複製および無断使用は固くお断りいたします。

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お返事に少々お時間をいただく場合がありますm(_ _)m
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR