FC2ブログ

本日のカタクリ撮影の復習・・・

CATEGORY日々
本日のクラブツーリズム「カタクリ撮影ツアー」で
お話しましたことの復習です。

左は24mmで目の前のカタクリの群生を撮影しました。
右は200mmで遠くのカタクリの群生を撮影しました。
1J6A6255-0100-0100.jpg 1J6A6224-0100-0100.jpg
右は望遠レンズの視覚的圧縮効果によって群生の密度が増して見えますね。
左はなんともスカスカです。
ポイントは望遠レンズで遠くの群生を切り撮る、ということです。

画像が小さいのでわかりにくですが、カタクリはピークを過ぎ
マクロレンズによる接近した撮影ではシミなど傷みがどうしても写ってしまします。
1J6A6421-0100-0100.jpg 1J6A6424-0100-0100.jpg
そこでピントを合わせた画像にピントをはずした画像を多重露光し、
ソフトな印象にして「粗をごまかす」方法をとりました。
この場合、やや露出をオーバーめにしています。
この手法は「好き嫌い」があるかと思います。が、シミなど傷みがある花を撮影しても
仕方ありませんし、そのシミをスタンプツールで消す、なんて手間は面倒くさい(笑)。
私にとっては「多重露光」をセットするのは慣れているのであまり時間を要しません。
「多重露光機能」が搭載されたEOS5DmarkIIIが発売されてちょうど1年。
私は多重露光によるソフトな表現、積極的にしています。
せっかくある機能は使わきゃ損損・・・(笑)。

作品研究会ではこのようなお話をします。
本日のツアーと先日の「いなべ梅林(こちら)と四日市コンビナート」(こちら)
作品研究会は4月4日(木)14:30-17:00、クラブツーリズム9階旅行説明会場(こちら)で行われます。
どなたもご自由にもちろん無料で公聴可能です。ご都合がよろしければ是非!

ランキング参加中です
クリックよろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村

関連記事