FC2ブログ

クラブツーリズム作品研究会

CATEGORY日々
今日はクラブツーリズム写真クラブ
「ベトナム」「南条花はす公園」「直島」の作品研究会でした。
作品研究会から各ツアーひとネタずつ。

アートの島「瀬戸内直島」。
一番人気なのはやはり草間彌生先生の「南瓜」です。
そう簡単には観光客が途絶えることはありません。
イライラするのはよくありませんね(笑)。
そこで観光客をアウトフォーカスで撮影してみては?
_J6A9575.jpg
ボケても存在感ある「南瓜」だからできること(?)
おしゃれな観光客が多いのも「直島」の特徴。
ボケても画になるな~、なんて思います。
マットペーパーのポストカードで決まり、です。
↓続きは[More]をクリック...

ランキング参加中です
クリックよろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村




咲くのは三日と言われる蓮。
三日目以降は花も開ききってしまいなんとも無残な姿(苦笑)。
でも花びらは結構きれいだったりします。
だったらおいしい部分だけを切り撮れば画になってしまう、と思います。
_J6A9021_201408052148118c1.jpg _J6A9018.jpg
全体を撮ってしまうと「無残な姿」も切り撮れば、咲き乱れてる感じ(?)。

動いてる被写体だって「ピント合わせ+ピント外し」の多重露光。
でも被写体の「振れ幅」があるとずれてしまうのでダメですね。
_J6A7395.jpg _J6A7159.jpg
まっすぐ歩いている被写体だと結構簡単にふわっと撮れちゃいます!(笑)

ふわっと、といえば先日の大失態の結婚式二次会(こちら)
新郎新婦を多重露光でふわっと撮ろうと思っていたのですが
カメラバッグから出てきたのは多重露光機能がないEOS7Dでした。

ケーキカットシーンは新郎新婦がポージングしてくれていたので
一気にシャッターを押し続けました。撮ったのは22カット。
押し続けたとはいえ、一回一回ピントを合わせてアウトフォーカスの繰り返し。
キャプチャ-00
機材がいつものと違う、ということで吹っ切れたのか逆にうまいこといきました(笑)。

IMG_6744.jpg
EOSに多重露光機能がなかった3年前、
ふわっと撮る方法として体得した「露光間アウトフォーカス」。
今でも多重露光よりふわっと感が大きいと思います。
この手法がこんな場面で役に立つとはね~。

ランキング参加中です
クリックよろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 写真講座・教室へ
にほんブログ村



関連記事